【アトピー肌でも安心】低刺激な化粧品を見つけるコツを公開

悪化を防ぐために

婦人

有効な成分と低刺激な成分

肌には本来は、害となるものをシャットアウトするための保護機能があるのですが、アトピー性皮膚炎の人の肌は、それが著しく低下した状態となっています。乾燥した空気や雑菌が簡単に入ってくるため、その分頻繁に水分が抜けて乾燥したり、炎症を起こしたりします。さらに、炎症による火照りで一層乾燥しやすくなりますし、乾燥による痒みで掻くと炎症が悪化することになります。この悪循環が、アトピー性皮膚炎が改善されにくい原因のひとつとなっているのです。しかし、基礎化粧品で保護機能を高めれば、乾燥や炎症をある程度抑えることが可能となります。特に有効とされている基礎化粧品は、セラミドが多く配合された化粧水や美容液です。セラミドとは、肌を構成している多数の細胞の隙間に入り込む脂質で、これに包まれることで、細胞からは水分が抜けにくくなります。しかも化粧水にも美容液にも水分が配合されているので、使用すれば水分を与えつつ、セラミドで細胞を保護できるようになるのです。また、植物性の抗炎症剤と呼ばれているグリチルリチン酸ジカリウムが配合された基礎化粧品も、高い効果が期待できる上に低刺激なので、よく選ばれています。さらにアトピー性皮膚炎の人の場合、メイク化粧品も低刺激なものを選ぶ必要があります。具体的には、石油系の油分を多く含まないものや、ミネラルを主成分としたものを使うことが大事なのです。いずれも低刺激ですし、アトピー性皮膚炎を悪化させる可能性のあるクレンジング剤を使わずに、洗い流すことができるからです。

スキンケア

無添加で低刺激の商品

アトピー性皮膚炎の人は、非常にお肌が敏感になっており、化粧品の成分やアレルゲンなどが原因で、赤みや強い痒みが見られる病気です。お肌が弱くデリケートな人は、水溶性の成分のヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、セラミドなどが含まれている商品を使ってみると良いでしょう。

女性

アトピーに適した化粧品

アトピーの女性が使用することのできる化粧品の種類には制限がありますが、安全性の高い商品を中心に選ぶことがポイントです。そして、症状の悪化を食い止めるため、アトピーの症状の程度に応じたケアの仕方を考えることが良いでしょう。

レディ

健康な肌の為に

アトピーの人は化粧品を選ぶ際に成分に注目して選ぶようにしましょう。セラミドやヒアルロン酸やコラーゲン等はトラブルを起こす事が少ない成分として知られていますので、これらの成分の入った化粧品でしっかりスキンケアをすれば肌のバリア力が強くなります。