バイク廃車手続きの排気量による違いを紹介

バイク廃車手続きについて

バイクの廃車手続きは、排気量によって内容が変わります。また、手続きを行う場所も違います。原付と呼ばれる125cc以下のバイクとそれ以上の排気量により大きな違いがあります。ここから比較していくので確認してください。

排気量による廃車手続きの違い

125cc以下

125cc以下だと、廃車手続きが市役所などで行うことになります。役所はどの地域にでもあるので、比較的近場にあるでしょう。また、手続きの内容もシンプルで準備するものも少ないので、お手軽に廃車手続きすることができます。

126cc以上

126cc以上だと、陸運局で廃車手続きをする必要があります。陸運局は市役所ほど多くないので、場所によっては近所にないということも珍しくありません。また、手続き自体も125cc以下に比べると項目が多くなり、用意するものも多いです。

バイク廃車手続きの排気量による違いを紹介

バイク

自分でも簡単にできる

排気量によって廃車手続きの内容が異なることを紹介してきましたが、125cc以下だと自分でも簡単に行うことができます。ですが、126cc以上になってしまうと、自分で廃車手続きをするのが少し大変になってしまいます。なので、業者に依頼するということも一つの手です。

バイク

業者に廃車手続きを任せる

面倒な廃車手続きを代行してくれる業者があります。多少手数料が必要になりますが、必要書類を準備するだけで後は全て代行してくれます。もし廃車手続きした後処分を考えているのであれば、買取業者を利用した方がいいでしょう。バイクの買取業者は、廃車手続きを無料で代行してくれます。

買取してもらうついでに廃車処分を任せよう

バイクの買取をしてもらうことで、廃車手続きを無料で代行してもらうことができます。なので、バイクの廃車を考えている方は買取業者の利用を考えてみましょう。事故車や故障車であっても買取してくれる業者はたくさんあります。

広告募集中