【アトピー肌でも安心】低刺激な化粧品を見つけるコツを公開

無添加で低刺激の商品

スキンケア

パッチテストを行いたい

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚が非常に過敏になっており、アレルゲンにより皮膚の赤みや強い痒みなどが見られる病気です。アレルギー体質の大人が増えているので、毎日使用する化粧品選びは大変重要になってきます。皮膚のバリア機能が低下しており、化学成分などに反応しやすいので、無添加で低刺激の商品を選ぶ必要があります。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの水溶性の成分で作られている化粧水を使って、しっかりと保湿を心掛ける必要があります。アトピー性皮膚炎の人は皮膚が乾燥したり、日焼けをすると悪化がしやすいので、入浴後は安全性の高いクリームや天然のオイルを使って保湿を心掛ける必要があります。アトピー性皮膚炎の人は、化粧品を使う前に、念のために二の腕などでパッチテストを行ってから、スキンケアを行うと良いでしょう。洗顔後は大変お肌がデリケートになっているので、タオルなどで摩擦を受けると、赤みや痒みが強くなる場合があります。毎日使用するタオルはお肌に優しい素材の商品を選んで、優しく押さえるように使用すると良いでしょう。アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患で悩んでいる人は、メイクができないわけではありません。ドクターズコスメなどの皮膚科医が開発した商品は、長時間使用していても問題ありません。このようにお肌に優しい素材で作られているファンデーションなどが販売されています。皮膚が弱く悩んでいる人は、皮膚科医が推奨している基礎化粧品やメイク用の化粧品を使ってみると良いでしょう。